瀬戸市・尾張旭市の不動産は雄進建築のすまサポ > すまサポ(住まいのサポート)のスタッフブログ記事一覧 > 中古戸建てや値段など新築一戸建てのメリットとデメリットとは?

中古戸建てや値段など新築一戸建てのメリットとデメリットとは?

≪ 前へ|「せともの」の発祥地 愛知県瀬戸市は治安もアクセスも良く住みやすい   記事一覧   名古屋市初!大人気のコストコが守山区に2020年12月開業予定!|次へ ≫

中古戸建てや値段など新築一戸建てのメリットとデメリットとは?

カテゴリ:不動産コラム

家族が増えて部屋が狭くなってきた、広い部屋で生活したい、そう思ったときに検討するのが一戸建ての購入です。

 

ここで多くの人は、新築と中古のどちらがいいのか判断に迫られます。

 

新築一戸建てと中古一戸建てには、使用年数だけではない、いろいろなメリットとデメリットがあります。

 

そこで、新築一戸建てと中古一戸建てとを見くらべながら、それぞれのメリットとデメリットをまとめて紹介します。


新築一戸建てのメリット・デメリット①:自由にアレンジできる


新築一戸建てのメリット・デメリット


新築一戸建ての場合、所有者がアレンジすることを前提に間取りを考えているケースが多数あります。

 

そのため最近は、部屋のアレンジ度の高さから新築一戸建てを選ぶ人も多くいます。

 

一方中古物件の場合、日本の家屋の間取りが厳格に継承されているものが多いです。

 

そのため、アレンジできる範囲が狭いことがデメリットとして挙げられます。

 

自分なりのこだわりをある程度反映できるのも、新築一戸建てならではのメリットとなります。


新築一戸建てのメリット・デメリット②:中古よりも節約効果がある


中古の物件にはない、新築一戸建てならではのメリットは節約効果です。

 

新築の場合、最新の設備が採用されていることが多く、これらの設備による節約効果が期待できます。

 

オール電化であれば、光熱費カットというメリットも期待できます。

 

また、太陽光発電システムが搭載されていれば、発電と売電で電気代を節約できるだけでなく、何かあったときの備えにもなります。

 

とはいえ、最新の設備が充実していると、値段が一気に上がることがあります。

 

もともと新築一戸建ては、中古物件よりも値段が高いことがデメリットです。

 

長期的に見たとき、投じた値段を回収できるのか、コストパフォーマンスを見定めて判断することが大切です。


新築一戸建てのメリット・デメリット③:郊外だと値段が安いことも


新築一戸建ては、基本的に中古物件よりも値段が高くなる傾向があります。

 

しかし、郊外の物件を選べば、値段をある程度おさえることが可能です。

 

都心と比べると家の総面積が広く、駐車場や庭がついていることが多いというメリットもあります。

 

そのため、生活の質がぐっと上がることが期待できます。

 

その一方で、郊外は通勤時間がかかるというデメリットがあります。

 

家から会社までの通勤が過度に負担になってしまっては、せっかくの引っ越しも無意味になってしまいます。

 

郊外の新築一戸建ての購入を検討する場合は、生活や仕事に悪影響を及ぼさないかどうか、しっかり見極める必要があります。


まとめ


新築と中古の場合、同じ一戸建てだとしても、入居後の生活や利便性が変わってきます。

 

メリットとデメリットは、生活に対する価値観や立地などからも変わってきます。

 

そのため、メリットとデメリットの両方あることを考慮し、ライフスタイルに合った物件を選ぶことが大切でしょう。

 

瀬戸市の一戸建て物件をお探しの方で、なにかお困りでしたらお気軽に、株式会社雄進建築までお問い合わせください!

≪ 前へ|「せともの」の発祥地 愛知県瀬戸市は治安もアクセスも良く住みやすい   記事一覧   名古屋市初!大人気のコストコが守山区に2020年12月開業予定!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 不動産コラム
  • 会社概要

    会社概要
    すまサポ(住まいのサポート)
    • 〒489-0809
    • 愛知県瀬戸市共栄通4丁目24番地
      YUSHINビル3F
    • TEL/0561-76-6872
    • FAX/0561-76-6873
    • 愛知県知事 (1) 第22979号
      愛知県知事許可(特-29)第65942号
  • QRコード

トップへ戻る