瀬戸市・尾張旭市の不動産は雄進建築のすまサポ > すまサポ(住まいのサポート)のスタッフブログ記事一覧 > 知っておきたい!不動産を売却するとき「印鑑証明」はなぜ必要?

知っておきたい!不動産を売却するとき「印鑑証明」はなぜ必要?

≪ 前へ|瀬戸市のおすすめ公園!岩屋堂公園の魅力とは?   記事一覧   改正債権法の内容解説!消滅時効と将来債権の譲渡はどう変わった?|次へ ≫

知っておきたい!不動産を売却するとき「印鑑証明」はなぜ必要?

マンションなどの不動産を売却するときは、さまざまな書類を揃えて提出しなければなりません。

 

「印鑑証明」も不動産売却など、大切な場面で必要となる書類の一つ。

 

そこで今回は、これから不動産売却を検討されている方に向け「そもそも印鑑証明とは?」「印鑑証明の必要性は?」などの情報をまとめてみました。

 

不動産を売却するときに提出を求められる「印鑑証明」とは?

 

知っておきたい!不動産を売却するとき「印鑑証明」はなぜ必要?


日常の生活のなかでは、あまり使うことのない印鑑証明。

 

だからこそ「印鑑証明という言葉は知っているけど、どんな効果があるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

印鑑証明とは、書類に押された印鑑が本人のものであることを証明するためのものです。

 

そのため不動産や自動車の売買など、大きなお金が動く契約時や証書作成の手続きの流れで提出を求められるのが一般的。

 

自分の印鑑を自治体に登録しておくことで、その印鑑が実印となり、重要な取引の際に本人であることの証明となるのです。

 

不動産を売却するときに提出する「印鑑証明」の必要性

 

次に、印鑑証明の必要性を見てみましょう。

 

そもそも印鑑証明がないと、不動産売却の契約書は成立しません。

 

不動産売却などの重要書類は実印の押印と、自治体が発行する印鑑証明があって初めて認められるもの。

 

印鑑登録をしていない場合は、不動産売却をする前に必ず印鑑登録をしておく必要があります。

 

不動産を売却する場合、印鑑証明が必要な場面には以下のようなものがあります。

 

<売買契約をするとき>

 

売買契約とは、マンションなどの不動産の権利を買主に移すためのものです。

 

売買契約書については実印ではなく、「認め印でも可」とされているものの、登記申請書類を記入する際には実印と印鑑証明が必要となります。

 

<残金決済・引き渡しのとき>

 

売買代金の授受後、法務局へ申請して所有権移転登記をおこなうとき、売買契約から3カ月以上の期間が開いて売買契約時の印鑑証明の法的効力が失効した場合、新たに印鑑証明の提出が必要となります。

 

上記に挙げた印鑑証明が必要な場面は、どちらも自分が売主であることを証明するためのもの。

 

売主のなりすましや同意のない不動産売却を防ぐことが、印鑑証明の大切な役割であり必要性と言えるのです。

 

まとめ

 

今回はマンションなどの不動産売却にともなって必要となる、印鑑証明についてご紹介しました。

 

印鑑証明は、売主が自分であることを証明するために用意するべき重要な書類。

 

これから不動産売却を予定している方は、事前に印鑑登録を済ませておくと安心ですね。

 

株式会社雄進建築では、新築一戸建て情報を多数ご紹介しております。

 

住宅ローンのご相談にも乗りますので、不動産に関することなら当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|瀬戸市のおすすめ公園!岩屋堂公園の魅力とは?   記事一覧   改正債権法の内容解説!消滅時効と将来債権の譲渡はどう変わった?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 不動産コラム
  • 会社概要

    会社概要
    すまサポ(住まいのサポート)
    • 〒489-0809
    • 愛知県瀬戸市共栄通4丁目24番地
      YUSHINビル3F
    • TEL/0561-76-6872
    • FAX/0561-76-6873
    • 愛知県知事 (1) 第22979号
      愛知県知事許可(特-29)第65942号
  • QRコード

トップへ戻る