瀬戸市・尾張旭市の不動産は雄進建築のすまサポ > すまサポ(住まいのサポート)のスタッフブログ記事一覧 > 住まい選びにも参考になるリフォームとリノベーションの違いとは

住まい選びにも参考になるリフォームとリノベーションの違いとは

≪ 前へ|生ゴミのにおい問題は保管方法で解決しよう!   記事一覧

住まい選びにも参考になるリフォームとリノベーションの違いとは

住まい選びにも参考になるリフォームとリノベーションの違いとは

住宅を新しくしたい場合には、リフォームやリノベーションといった方法がよくとられます。
似たような意味合いで使用されることが多い「リフォーム」と「リノベーション」ですが、両者には具体的にどのような違いがあるのでしょう。
今回は、リフォームとリノベーションについて、その具体的な違いや工事の期間、かかる費用などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

リフォームとリノベーションの違いとは?

「リフォーム」とは、そもそも英語で作り直すという意味を持つreformからきた和製英語で、古くなった部分を改修する、老朽化している部分を新しくする、といった意味合いで使用されます。
これに対し「リノベーション」とは、革新、刷新を意味する英語renovationからきており、既存の建物に対し大規模な工事をおこない、古い部分を改修することに加え、新たな機能や付加価値をつけることです。
たとえばユニットバスの浴槽について、新しいものに交換する場合はリフォーム、水道管や排水管を含めた大規模な工事をおこなうことで風呂場全体を新しいものにする場合はリノベーション、ということになります。
実際には工事の規模が比較的小規模で、かつ工事後の機能は新築時と同様であるものがリフォーム、工事は大規模であるものの新しい機能や設備が追加されるものをリノベーション、と呼ぶのが一般的です。
なお、工事の規模の大きさから、リノベーションはリフォームよりも工期が長いです。

リフォームとリノベーションそれぞれの費用の違いとは

ライフスタイルや家族の人数によって自由にアレンジをすることができることから、近年ではリノベーションを選択する方が増えてきています。
リフォームの場合、費用は浴槽の交換に15~30万円、便器の交換に3万~10万ほどで、場所ごとに金額もおおよそ決まっています。
しかしリノベーションは改修する場所や範囲、規模などによるところが大きいため、明確な費用については業者に見積もりを出してもらわなければなりません。
ちなみにフルリノベーションの場合は1㎡あたり10万~15万円程度が相場です。
ただし、もともとの住宅の種類や築年数によって費用は変わり、とくに築年数が古く耐震工事が加わる場合は、費用、期間両面においてコストがあがる可能性があります。

まとめ

今回は、似た意味合いで使われがちなリフォームとリノベーションについてご紹介しました。
リフォームは古くなったものを新しい状態にして、リノベーションは古くなったものに新しい機能を追加して使いやすい状態にすることです。
両者には費用や施行期間に限らずさまざまな違いがあることを知った上で、住まいに合った方法を選択してください。
株式会社雄進建築では、新築一戸建て情報を多数ご紹介しております。
住宅ローンのご相談にも乗りますので、不動産に関することなら当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|生ゴミのにおい問題は保管方法で解決しよう!   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 不動産コラム
  • 会社概要

    会社概要
    すまサポ(住まいのサポート)
    • 〒489-0809
    • 愛知県瀬戸市共栄通4丁目24番地
      YUSHINビル3F
    • TEL/0561-76-6872
    • FAX/0561-76-6873
    • 愛知県知事 (1) 第22979号
      愛知県知事許可(特-29)第65942号
  • QRコード

トップへ戻る