瀬戸市・尾張旭市の不動産は雄進建築のすまサポ > すまサポ(住まいのサポート)のスタッフブログ記事一覧 > 土砂災害警戒区域とは?土地の売買にどう影響するのかご紹介

土砂災害警戒区域とは?土地の売買にどう影響するのかご紹介

≪ 前へ|名古屋市守山区の「名古屋小幡雲母保育園」とは?概要と特徴をご紹介   記事一覧   相続した不動産が未登記の理由とは?デメリット・相続する方法をご紹介!|次へ ≫

土砂災害警戒区域とは?土地の売買にどう影響するのかご紹介

土砂災害警戒区域とは?土地の売買にどう影響するのかご紹介

近年では日本でも大雨や台風、地震などさまざまな自然災害の影響を受けています。
この記事では土砂災害警戒区域とは何かについてご紹介します。
これから土地の売買を予定しているのであれば、そのエリアに危険があるのかどうか事前に確認しておくべきです。
ぜひ参考にしてください。

株式会社雄進建築への問い合わせはこちら


土砂災害警戒区域とは

土砂災害防止法と呼ばれる法律に基づいて定められたエリアを土砂災害警戒区域と言います。
内容としては土砂災害の際に住民の生命または体に危害が生ずるおそれがあると見受けられるエリアです。
イエローゾーンとも呼ばれており、そのエリアに土地を所有する方は災害発生時に避難など特別気を付けなければなりません。
土砂災害警戒区域よりも危険性が高いエリアは土砂災害特別警戒区域と呼ばれています。
これらのエリアは5年ごとに基礎調査がおこなわれており、最新の状態で指定されます。

▼この記事も読まれています
マンションを購入するならPP分離の間取りがおすすめ

土地が土砂災害警戒区域に指定された場合の影響とは

土砂災害警戒区域に指定されてしまうと、その土地の価値が下がってしまう印象があります。
その土地の売買をおこなうときには重要事項説明での説明が義務化されています。
土地の購入希望者からみても災害のリスクがあると判断され、売却が難しいかもしれません。
また、土砂災害警戒区域に指定された場合には警戒避難体制を整備する必要があります。
学校などの施設がある場合などは避難訓練の実施や避難確保計画を作成しなければなりません。
しかし、建築制限があるわけではありませんので、ガクッと価値が下がるケースは多くはありません。

▼この記事も読まれています
不動産売却をして領収書に印紙が必要になるのはどんなケース?

土地が土砂災害特別警戒区域に指定された場合は?

土砂災害特別警戒区域はレッドゾーンとも呼ばれ、さらに土地への影響が大きくなります。
学校や病院などの災害時要援護者関連施設の建設のような開発行為をする場合は都道府県知事の許可が必要になります。
住宅を建てる際にも基礎を鉄筋コンクリート造にするなど構造規制が定められるでしょう。
さらに、危険と判断された場合は、そこに住んでいたとしても移転の勧告がおこなわれます。
それほどまでに危険なエリアですので住まいを建てて生活する行為自体にリスクがあると判断できます。
また、政府はできるだけ危険なエリアで暮らす人々を減らすために住宅ローンのフラット35Sの適用除外に仕組みを変更しました。

▼この記事も読まれています
不動産購入したら住宅用家屋証明書を取得!必要な理由とメリットについて

まとめ

土砂災害警戒区域はイエローゾーンとも呼ばれ、建築制限はないものの、土地の価値が下がってしまう可能性のある土地です。
警戒避難体制を整えておかなければならないでしょう。
また、土砂災害特別警戒区域に指定された場合は、さらに土地活用において制約が増えてしまいます。
瀬戸市・尾張旭市の一戸建て・不動産なら雄進建築の「すまサポ」がサポートいたします。
ご購入をご検討中なら、ぜひご相談ください。

株式会社雄進建築への問い合わせはこちら


株式会社雄進建築の写真

株式会社雄進建築 スタッフブログ担当

瀬戸市・尾張旭市で不動産をお探しなら、エリアに詳しい当社スタッフにお任せください!一戸建てをはじめ、マンション、土地情報などもご紹介しております。ブログでは有益な情報をお伝えするため不動産に関するコンテンツをご提供します。


≪ 前へ|名古屋市守山区の「名古屋小幡雲母保育園」とは?概要と特徴をご紹介   記事一覧   相続した不動産が未登記の理由とは?デメリット・相続する方法をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 不動産コラム
  • 会社概要

    会社概要
    すまサポ(住まいのサポート)
    • 〒489-0809
    • 愛知県瀬戸市共栄通4丁目24番地
      YUSHINビル3F
    • TEL/0561-76-6872
    • FAX/0561-76-6873
    • 愛知県知事 (1) 第22979号
      愛知県知事許可(特-29)第65942号
  • QRコード

トップへ戻る